会社概要  company

概要  overview

商号株式会社 中央医療器
所在地〒901-1114 沖縄県島尻郡南風原町字神里409番地の5
資本金1千万円
社員数31名 ( 平成30年7月現在 )
事業内容医療機器販売及び修理
取引機関国公立施設
一般病院
その他開業医
動物病院
取扱商品顕微鏡
内視鏡
分析装置
レントゲン装置
各種付属品
レントゲン防護材
その他医療機器全般
取引銀行沖縄銀行・琉球銀行・沖縄海邦銀行

主な取扱メーカー  Manufacturers

企業理念  Corporate Philosophy

企業理念 

利他の幸せ

  • 人の役に立ち、喜ばれ、感謝される喜びを自分の幸せとする。そういう人材を育成し、社会に貢献する。
    お客様の喜ぶ姿を自分の原動力とし、「人にしてもう幸せ」から
    「人の幸せを自分の幸せにする」という価値観に進化すれば、人は成長するのだと思います。

経営理念 

お客様を幸せにする

  • お客様がいて会社がある。
  • お客様から頼られる会社にする。
  • お客様の役に立ち、喜ばれ感謝される仕事をする。

社員を幸せにする

  • 企業活動を通じて利益を出し会社を存続させ、社員の生活を守る。
  • 社員を幸せにすることで、社員自らがお客様に最高の満足を提供する。
  • 誇りをもった仕事をし、立派な社員を育成する。

社会を幸せにする(社会貢献)

  • 社会の公器として、会社を通じて社会に貢献する。
  • 自利利他の精神で社会と大衆に奉仕(お返し)をする。
  • 会社を存続させることにより新たな雇用を生み、また納税する。

行動指針 

コンプライアンス【法令遵守】

  • 私達は、法令や社会規範の遵守を全てに優先させ、経営に健全な企業統治が機能しかつ確保されるよう配慮します。

お客様を幸せにする

  • 私達は、お客様からの御注文や御要望には、迅速・丁寧・正確に応えます。
  • 私達は、すべてのお客様に公平に接します。常にお客様の立場に立ち、誠意ある対応を行います。
  • 私達は、正確で分かりやすく、質の高い最新の情報提供を行い、お客様の満足度向上を目指します。
  • 私達は、お客様とのコミュニケーション・信頼関係を大切にした対応を心掛けます。
    御意見や御要望に応え、業務の改善とサービスの充実に繋げていきます。

社員を幸せにする

  • 私達は、何事に対しても、常に謙虚の心を持ち、自主的に行動できるよう、自己啓発に努めます。
  • 私達は、社員間の強い信頼関係を築く為、助け合いの精神で行動します。
  • 私達は、差別やハラスメントのない公平・公正かつ安全で健康的な職場環境の確保に取組みます。
  • 私達は、社員が持てる力を最大限に発揮し、安定した生活設計を描けるよう、雇用基盤の整備を積極的に進めます。
  • 私達は、社員の成長の最大化を目指し、魅力的な職場の確保・社員の能力開発・キャリア形成の支援等、人材の育成に努めます。

社会を幸せにする

  • 私達は、社会の一員としての役割を自覚し、専門医療に関する正しい知識そして、技術の提供に取り組みます。
  • 私達は、環境保全活動の一環として、エコドライブ及び社内における節電・節約に進んで取り組みます。
  • 私達は、地域社会の一員として、事業を通じて地域の発展や平和で豊かな生活環境づくりに貢献し、
    社会性・公共性を勘案(考慮)して適切な社会支援を行います。

宣言  Declaration

宣言 

「未成年者飲酒防止・飲酒運転根絶」宣言書 当社は、不適切な飲酒を起因とする事件・事故が頻発する沖縄県の現状を深く憂い、那覇税務団体協議会及び公益社団法人那覇法人会の一員として、 社会的使命をもって「適正な飲酒環境の醸成」を啓蒙する活動に積極的に参加することをここに宣言します。
「横断歩道マナーアップ宣言」 私達は横断歩道マナーアップ運動を推進することを宣言します。 横断歩道を歩行者が横断しようとしているときは、必ず一時停止して歩行者の安全な通行を確保します。 横断歩道マナーアップ運動とは・・・(JAF)
登録番号が「第470001号」となっており、沖縄県で一番最初に宣言をしました。
これからも、社内教育を続け運転マナーの向上を目指していきます。

沿革  History

沿革 

1964年4月「照屋栄松」と「照屋春子」が出資し 合資会社中央医療器 として那覇市西町にて法人化
1995年5月南風原町 神里 へ社屋新築移転
2004年3月合資会社中央医療器 から 株式会社中央医療器 に商号変更
2009年9月代表取締役社長に照屋進が就任
2017年1月代表取締役会長に照屋進が就任
取締役社長に宮城工が就任
2019年4月(法人化)創立55周年

代表挨拶  Greeting

挨拶 

拝啓 時下、ますます御健勝のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。

弊社が主として携わっています医療機器においては、医療現場における適切な治療・サービスの提供に直結するものと考えており、サービス並びに情報の流通に携わるものとして、医療関連の現状と動向を敏感に受け止め、医療における新たな発想や創造によって、様々な関連価値が速やかに且つ適切に届けられるよう、日々努力して行きたいと考えます。

株式会社 中央医療器
代表取締役会長 照屋 進

組織体制  Organizational Structure

組織図 

照屋 進 会長(Chairman / CEO)

宮城 工 社長(President / COO)

安谷屋 かつみ 常務(Executive Director)

上原 健一 営業部長(Director of Sales)

内視鏡営業 (Endoscope sales group)

外科営業 (Surgery sales group)

機器営業 (Lifescience sales group)

事務長(Administration Manager)

事務 (Administration group)

物流 (Logistic group)

販売業・修理業  Retailing/ Maintenance